カラーコンタクトが安全になるまでの物語



カラーコンタクトの安全性をめぐる歴史

カラーコンタクト(カラコン)の種類

カラーコンタクトはいつからその安全性が話題になったのでしょうか?では、歴史ものがたりのはじまりはじまりぃ〜!

 

・・・むかしむかしのことじゃったぁ・・・(遠い目)

 

 

カラーコンタクトには雑貨医療機器の2種類があるのじゃ。


 

カラーコンタクトレンズには大きく2つに分類できますヨ。

 

視力矯正用(度あり)=医療機器
おしゃれ用(度なし)=雑貨

 

もともと、視力矯正用のカラーコンタクトは安全な医療機器として、「薬事法」で指定されており、品質を厳正に管理されていました。
一方、おしゃれ用のカラーコンタクトは、つけまつげやかつらなどと同等の雑貨として、気軽に輸入・販売がされていました。

 

2009年おしゃれ用(度なし)カラコンは雑貨から医療機器へ

このように国の基準がなかったことから、粗悪な商品が市場に出回り、おしゃれ用カラーコンタクトによる角膜症や感染症といった、目の障害が発生し問題視されるようになりました。これはヤバイ!てなことですヨね!

 

そこで2009年(平成21年)11月4日に「医療機器」として、薬事法の高度管理医療機器販売業許可業者のみが販売出来るという法改正が施行されました。これにより、

おしゃれ用(度なし)カラコンも安全な医療機器

としての扱いとなりました。さすが日本!対応が早い。目は大事ですからね〜。

 

そして経過措置(段階的に実施)を経て、2011年2月4日〜国の承認を得たものだけが流通できるようになりました。
つまり、2011年以降、わたしたちが購入する、ネットやお店で販売しているカラーコンタクトは

 

視力矯正用(度あり)も、おしゃれ用(度なし)カラコンも国の承認済み「医療機器」だから安全・安心

のはずでした。、、、、がしか〜し♪

 

出回る個人輸入代行品の問題

こうして日本国内において、全ての商品が「医療機器」となったカラコンでしたが、、、
そこには落とし穴があったのです!そ、それは、、、心の準備は宜しいですか?・・・

 

個人輸入代行品の問題

です。

 

あちゃ〜。2011年以降も海外のカラーコンタクトを(販売ではなく)あくまで輸入代行として、海外から直送するというスタイルで未承認のカラーコンタクトは市場に多数流通している状況です。それじゃ意味ないじゃーん!・・・規制が出来れば、それをくぐる人が出てくる、、、イタチごっこはどの世界でも起きるようですネ。

 

せっかく制度が出来ても、粗悪な商品を購入するリスクは消えない、、、これは困りましたネ〜、、、。
では、どうしたらいいのでしょうか、、、みなさん、ご安心をしてくださいネ!
次のトピックでは、カラコンを安全に購入するポイントをお教えしま〜す♪

 

次のコラム 1.ハァ?高度管理医療機器のカラコン?承認番号をチェック!

 

 

すぐに見る 徹底比較ランキングの結果発表!

 

大人気!カラコンの芸能人モデル

 

TOPページへ戻る カラコンは安全が一番!「カラコンなび〜る」

MOKAのプロフ

安全カラコンランキング


カラコンの安全通販NAVI|TOP カラコンの基礎知識 カラコン安全性ランキングの発表! カラコンの芸能人モデル